補聴器に対する補助金給付について

こんにちは、補聴器のカワチの服部です。

今回は補聴器購入に対する補助金給付についてご説明いたします。
補聴器は、障害者自立支援法による給付制度はありますが、(自治体にもよりますが)基本的に助成金などの対象ではありません。

障害者自立支援法による給付条件は、身体障害者手帳の保持者であることが必要です。
身体障害者手帳は、難聴の程度により等級が分れており、等級により支給額や対象機種レベルが設定されています。

[障害程度等級表]
障害等級 障害者福祉法抜粋

級別 障害の状態
2級 重度難聴用 両耳の聴力レベルがそれぞれ「平均100デジベル以上」のもの(両耳全ろう)
3級 両耳の聴力レベルが、それぞれ「平均90デシベル以上」のもの
(耳介に接しなければ大声語を理解し得ないもの)
4級 高度難聴用
  1. 両耳の聴力レベルが、それぞれ「平均80デシベル以上」のもの
    (耳介に接しなければ話声語を理解し得ないもの)
  2. 両耳による普通話声の最良の語音明瞭度が「平均50%以下」のもの
6級
  1. 両耳の聴力レベルが、それぞれ「平均70デシベル以上」のもの(40cm以上の距離で発声された会話語を理解し得ないもの)
  2. 一側耳の聴力レベルが「平均90デシベル以上」、他側耳の聴力レベルが「平均50デシベル以上」のもの

※原則的として2級、3級に重度難聴用、4級、6級に高度難聴用が支給されますが、例外もありますのでご注意ください。

補聴器購入基準価格表

名称 基本構造 価格
高度難聴用
ポケット型
JIS-C-5512-2000による90デシベル最大出力音圧のピーク値の表示値が140デシベル未満のもの。 ¥34,200
高度難聴用
耳かけ型
90デシベル最大出力音圧のピーク値が125デシベル以上に及ぶ場合は出力制限装置を付けること。 ¥43,900
重度難聴用
ポケット型
90デシベル最大出力音圧のピーク値の表示値が140デシベル以上のもの。 ¥55,800
重度難聴用
耳かけ型
その他は高度難聴用ポケット型および高度難聴用耳かけ型に準ずる。 ¥67,300
耳あな形
(レディメイド)
高度難聴用ポケット型および高度難聴用耳かけ型に準ずる。 ¥87,000
耳あな形
(オーダーメイド)
だだし、オーダーメイドの出力制限装置は内蔵型を含むこと。 ¥137,000
骨導式
ポケット型
IEC Pub 118-9(1985)による90デシベル最大フォースレベルの表示値が110デシベル以上のもの。 ¥70,100
骨導式
眼鏡型
¥120,000

※自己負担額は、原則1割負担となります。ただし、所得によっては例外もあります。

補聴器支給までの流れ

新規で身体障害者手帳を申請するところからの一般的な流れは次のようになります。
自立
身体障害者手帳の給付と補装具の交付までの期間は、それぞれ約1か月くらいが目安です。(私の経験上です)

当店は自立支援法取扱の補聴器販売店です。お気軽にご相談にお越しくださいませ。

タグ