コロナ禍に最適な補聴器が登場!フォナック【マーベル バートM-312】耳あな型補聴器の超高性能機種です!。

こんにちは、補聴器のカワチの服部です。
新型コロナウイルスがさまざまな影響を及ぼし、生活や意識がガラッと変わってしまいました。

私どもも継続して補聴器を扱うにあたり、マスク着用や消毒は勿論、必要に応じフェイスガードの着用、店内のサーキュレーターの設置、こまめな換気など《新しい生活様式》を意識した取り組みをおこなっております。

補聴器を装用される方にも、マスクの着用常態化により、マスクをしながらの補聴器の着脱時に補聴器を損なってしまう事態や、マスクにより声が聴きづらくなったり、マスクと補聴器を着用していると耳が痛くなるなどたくさんの不便が発生しております。

以前のブログで、耳かけ型補聴器をしている方用にマスクのチョット特殊な装着方法を紹介いたしました。 (『不満解消!マスクから補聴器を守るアイディアのご提案!!』はこちら)

今回は、そんなコロナ禍でも快適にお使いいただける補聴器をご紹介いたします。

超便利な耳あな型補聴器!いろいろな事ができます!!

フォナック補聴器の新商品【マーベル バートM-312】は、昨年6月に耳かけ型を販売開始し、世界最速で100万台突破した超人気シリーズの待望の耳あな型シリーズです。
耳あな型は、4タイプ発売されたのですが、【マーベル バートM-312】が特に優れているのでオススメです。
バート M-312

≪オススメポイント≫
1.【マーベル】シリーズ特有の周りの環境に応じ、高い精度で最適な音質にし聴き取りをしやすくする機能はそのまま。また、初期フィッティングから音質が受け入れやすい。
2.ワイヤレス機能によりスマートフォンとつなぐことで、ハンズフリー通話スマートフォンをリモコン代わりに使用可能。
3.耳あな型補聴器史上初の中継機ををつけることなく「テレビの音声が直接補聴器で聴けたり」、「【ロジャーシステム】を活用できます。
4.耳あな型なのでマスクが気にならない!!

最高の音質はそのまま!

1.の音質処理については【マーベル】シリーズ特有の超高速音声処理技術により、周囲の環境を診断しその状況に最適な音声に変換することで騒音などの聴きとりにくい環境下でも会話がしやすいようにする技術です。詳しくは、コチラのメーカーサイトへどうぞ 【フォナック マーベル】

補聴器が電話に!スマホがリモコンに!

2.ハンズフリー通話はスマートフォンとペアリングをすると電話がかかってきた時に、補聴器のボタンを押すだけで通話ができるようになります。
また、スマートフォンに『マイ フォナック』アプリをインストールし、補聴器とペアリングすると、スマートフォンが補聴器のリモコンとして操作できます。

詳しくは、コチラのメーカーサイトへどうぞ 【フォナック マイフォナックアプリ】

テレビの音声が直接補聴器からクリアに聴こえる!

3.テレビに【テレビコネクターD】を接続するだけでテレビの音声が、邪魔な雑音が無く聴くことができます。
AirStream™ テクノロジー
詳しくは、コチラのメーカーサイトへどうぞ 【フォナック テレビコネクターD】

会話をモノスゴク聴きやすくする『ロジャーシステム』がとってもお得に、便利に!!

そして、私がもっともスゴイと思ったのが【ロジャーシステム】を中継機がなくても使用出来ることです。
【ロジャーシステム】についてはコチラ

今までは、耳あな型で【ロジャーシステム】を使用する場合は『ロジャー マイリンク(65,000円)』などの中継機が必要でコストが高くなり、しかもループタイプなのでループのかけ方で受診音が不安定でした。
【マーベル バートM-312】は、『ロジャーマイクロホン』から直接補聴器に音が受信されるため、よりクリアで聴きとりやすくなります。たとえ、話し相手がマスクをしていても他の補聴器より聴きやすさが格段に良くなるでしょう!

マスクをしていても、まったく、影響なし!

4.耳あな型なので、補聴器とマスクが接触しないので着脱時に落としてしまうなどの心配が無く、快適にお使いいただけます。

デメリットは、ワイヤレス通信機能があるため、電池寿命が短い点です。

これからの《新しい生活様式》にもマッチし、快適にご使用いただける【マーベル バートM-312】はいかがでしょうか。

梅雨になると、特に湿気に弱い補聴器にとってメンテナンスが重要になってきます。
補聴器をよい状態で長く使用するため、日々のメンテナンスをお願いいたします。


(☝耳あな型補聴器のお手入れ方法動画)
お近くにお越しの際は、ぜひ、補聴器の無料クリーニングにお越しくださいませ。
補聴器専用乾燥機でしっかりとクリーニングいたします。

 

タグ